アスロングシャンプーあっと驚く口コミの数々。購入前に必読です。

アスロングシャンプーの成分解析!副作用ってあるの?

アスロングシャンプー&トリートメントを使うのに、安全だとは思ったのですが、一応、成分解析し副作用を調べました。

 

というのも、もともと私は、敏感肌なので、何か肌につける商品を買うときは、成分については結構調べる方なんです。

 

新しいものを使うときってやはり自分の肌に合うかどうかって気になりますよね。
買ってみて合ってなかったら、ショックですし、せっかく手に入れたのに前より悪くなったなんてことになったら、立ち直れません。。。。

 

ってなわけで今回は、このサイトに来てくださったあなたにも、私のこれまでの検証結果^^をシェアしますね。

 

アスロングシャンプー&トリートメント成分を徹底的に分析!

 

アスロングシャンプー&トリートメントに配合されている全成分は下記の通りです。(公式サイトより)

 

【シャンプー】
水/ラウレス硫酸Na/コカミドDEA/コカミドプロピルベタイン/スルホコハク酸ラウリル2Na/ペンチレングリコール/塩化Na/フェノキシエタノール/ステアリン酸PEG−150/ラウロイルメチルアラニンNa/香料/ポリクオタニウム−10/グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド/クエン酸Na/サリチル酸/エチドロン酸/デシルグルコシド/クエン酸/BG/加水分解卵隔膜/海水/カラメル/キハダ樹皮エキス/アルガニアスピノサ核油/シメン−5−オール/フェノールスルホン酸亜鉛/アボカド油/リンゴ果実培養細胞エキス/加水分解シルク/ケラチン(羊毛)キサンタンガム/グリセリン/レシチン/デキストラン/ローマカミツレ花エキス/アルニカ花エキス/オドリコソウ花/葉/茎エキス/オランダガラシ葉/茎エキス/ゴボウ根エキス/セイヨウキズタ葉/茎エキス/ニンニク根エキス/セイヨウアカマツ球果エキス/ローズマリー葉エキス/アセチルテトラペプチド−3/アカツメクサ花エキス

 

【トリートメント】
水/ミリスチルアルコール/グリセリン/水添ナタネ油アルコール/ヒマワリ種子油/ステアルトリモニウムブロミド/ジアルキル(C12?18)ジモニウムクロリド/イソプロパノール/ペンチレングリコール/(ダイマージリノール酸/ステアリン酸/ヒドロキシステアリン酸)ポリグリセリル−10/フェノキシエタノール/香料/乳酸/トコフェロール/アルギニン/セテアラミドエチルジエトニウム加水分解コメタンパク/BG/カラメル/海水/アボカド油/キハダ樹皮エキス/アルガニアスピノサ核油/加水分解シルク/ケラチン(羊毛)/加水分解卵殻膜/シメン−5−オール/フェノールスルホン酸亜鉛/リンゴ果実培養細胞エキス/ローマカミツレ花エキス/アルニカ花エキス/オドリコソウ花/葉/茎エキス/オランダガラシ葉/茎エキス/ゴボウ根エキス/セイヨウキズタ葉/茎エキス/ニンニク根エキス/セイヨウアカマツ球果エキス/ローズマリー葉エキス/キサンタンガム/レシチン/デキストラン/アセチルテトラペプチド−3/アカツメクサ花エキス

 

まず、有効成分のセンブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、酢酸DL-α-トコフェロールですが、こちらは、育毛効果のある成分として、厚生労働省の認可を受けているものになりますので、安全性は高いかと思います。

 

センブリエキスは、天然成分のもの、グリチルリチン酸ジカリウムは、抗炎症効果があり、敏感肌化粧品などにも配合されている成分ですし、酢酸DL-α-トコフェロールは合成ビタミンEで、血行を促進してくれる作用があります。

 

赤い文字が、油分と水分を混ぜるための乳化剤であったり、腐らないようにする防腐剤だったりします。

 

逆に言うと、その他は美容成分であったり、保湿剤であったり、育毛成分であったりするので、化学成分がどれだけ最低限に抑えられているかが分かるかと思います。

 

化粧品を作るのに、化学成分一切抜きはかなり難しいです!!

 

というのも、化粧品とは、水+油分+美容成分で作られていますが、普通にこれらを混ぜたとして、混ざりませんし、防腐剤抜きですとすぐに腐ってしまいます!!

 

問題は、どれだけその化学成分が配合されているか?!ということなんですね。

 

こういった成分表ですが、「配合量の多い順に記載する」というのが、ルールとなっています。
赤い文字の化学成分はほとんど後半に固まっているのが分かると思います。

 

つまり、本当に最低限しか使われていないということです!!

 

美容成分に関しても、ほとんどが天然由来の成分と言うことで、これで肌荒れを起こすのは本当にまれだと思います。

 

この育毛剤自体、敏感肌やアトピーの方でも安心して使えるように、かなり低刺激に作っているということなので、結論としては、副作用を起こす可能性は低いと思います(^_^)

 

【初回60%OFF】アスロング